関西メンズエステ訪問記録

関西(主に大阪)を中心にメンズエステに訪問した際の記録を残していきます。

(雑談記事)メンズエステにハマる前にしていたこと

f:id:shinshikikoushi:20180730003532j:plain

 

皆さまこんにちわ!

 

最近はアクセス数もブログを始めた時よりも20倍近くなっており、驚きを隠せない紳士貴公子です^^;

 

それだけ沢山の方がメンズエステにハマっておられるんだなと思うと、少しでも私も今のメンズエステブームに乗っかれるように頑張らないといけないと改めて思います。

 

さて本日ですが、私がメンズエステを利用し始めたのは、2017年の9月頃ぐらいからになりますが、それ以前のお話をしたいと思います。

 

メンズエステより前は、今では大阪では衰退の一方の俗にいうリフレクソロジー、略してリフレというものに通っていました。

 

リフレを始めた理由は、ニュースなど見たことはあったものの、行ったことがないからという極めて単純な理由でした。

 

私がリフレを始める3~4年前ぐらいからリフレは東京・大阪では既に始まっており、私が始めたころは比較的末期のようでした。

 

リフレは基本的に18歳(JK)以上~20歳未満の女性と添い寝やリフレクソロジー、簡単にいうとリラクゼーション目的のマッサージ等を受けたり、したりするサービスです。

 

実際に体験してみて、わかりましたがFまがいの性的サービスを裏オプションで行っているお店が多かったです。

 

楽しみ方としては、基本のリフレの料金でどこまでサービスをして貰えるか、追加いくらで何をしてもらえるかといった感じでした。

 

私も最初の頃は、そういった楽しみもしていましたが、リフレ譲によっては一度に30,000~40,000円程掛かることもあり、安くはない遊びでした。

 

辞める最後の頃は、リフレ譲の無料の範囲であまり過激なサービスは求めず、いちゃいちゃするだけで楽しんでいました。

 

そして、2018年2月某日のとあるリフレのお店にガサ入れが入ったのを知り、私も何度か行ったことがあったお店が実際にK察沙汰になったのをきっかけにリフレを卒業しました。

 

卒業したのは、それだけの理由ではなく途中からメンズエステにも当時通い始めており、別にそこまで若さを求めているわけではなく、また直線的なエロもあまり面白みにかけて他のものを探していたというところもあります。

 

では、なぜFではなくてリフレにしていたかというと、Fには何度も行ったことはありますが、そういったサービスが必ず受けられるというのは、面白みに欠けるように思うようになりました。

 

勿論安くはないお金を払うので、ちゃんとサービスは受けたいという気持ちはあります。

 

ただ、今メンズエステにハマっている方にも恐らくいえると思いますが、絶対ではなく不確実だからこそ楽しみがあると思います。

 

元々男性は狩猟本能があるので、狩りを恋愛ゲーム感覚で楽しめるのがリフレ・メンズエステ。

 

疑似恋愛や話術等、テクニックを駆使して、普段は出来ないグレーな領域を楽しむ。

 

そこにスリルがあり、失敗・成功があるのが面白さだと思います。

 

だから確実にSKRのある、Fは楽しみに欠けるということです。

 

でなんでリフレではなくメンズエステなのかというと、一つは価格です。

 

リフレはホテル代、利用料金で120分約13,000円~+オプション代となりますが、

 

メンズエステは同じ120分で約17,000円~、料金的には固定費ではメンズエステの方が高いですが、基本的にそれなりのマッサージを受けれるというところと、普通のマンションの個室を利用しているので、リフレと違いラブホテルに行くわけではないので、いけない事をしているのではないかという、罪悪感がより興奮材料になります。

 

崩しやすい所より、もっと難しい所へ、簡単なものより、難しい所へそんな心境の変化で、現在のメンズエステに至ります。

 

勿論失敗や外れも引きますが、それも理解した上でメンズエステを楽しんでいます。

 

まだ大阪でリフレをしているお店もいくつかあるようですので、気になる方は一度経験してみてはいいと思いますよ^^

 

では今回はこれで以上とさせていただきます。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。