関西メンズエステ訪問記録

関西(主に大阪)を中心にメンズエステに訪問した際の記録を残していきます。

M'sSweet(エムズスイート)大阪 セラピストサスペンスさん

 

こんにちは、紳士貴公子です。

 

最近は暑くはないものの、一枚羽織ると熱いし、半袖だったら肌寒いし、ちょっと歩いたら汗ばむし、早く寒くなるなら寒くなってほしい今日この頃です。

 

読者の皆さんはどの季節が一番好きですか?

 

私は春とか秋とかどっちつかずな回答はせずに冬一択です。

 

暑がりなので春でも、秋でも熱い時があるので、何をしても絶対に寒い冬だと厚着をしても、基本的に汗をかかないので過ごし易いとか贅沢な事をいってられません(汗)

 

雑談も挟んだ所で早速訪問記事です。

 

 

9月中旬、ようやく本命のセラピストさんの予約が取れたので早速訪問していきます。

 

場所は前回と同じマンションの同じ部屋です。

 

前回の訪問記録はこちらからどうぞ。

↓   ↓   ↓   ↓   ↓

 

当日にショートメールのやり取りをして、時間丁度にマンションへ向かいます。

 

直近に来たことのあるマンションだと場所もわかっているので、安心感が違いますね。

 

予約時間になりオートロックを鳴らし、無言で通してもらい、エレベーターまで、程々の階で降りて、エチケットを済ませつつ部屋前まで移動し、インターフォンを鳴らし、いざご対面です!!

 

 

f:id:shinshikikoushi:20180816164825j:plain

 

第一印象は、綺麗なお姉さんといった感じ。

 

でも可愛らしいお顔をされていて、●りたん●さんがこのぐらいの年齢になったらこんな感じかなといった印象でした^^

 

スタイルはほぼ理想通りのムチムチのナイスバディ、足は太ももと太ももの間がなくて若干ひしめき合ってる位の方が私は好きです。

 

バストもG確定、衣装のタイトなワンピースがボディラインを強調してセクシー。

 

胸のチャックが下に下ろして欲しいと聞こえそうな、ボリュームのある胸元に見とれながら玄関に入ります。

 

スリッパは二重になっており、理由を聞くとオイルがついたスリッパを嫌う方も居られるという事で配慮されていました。

 

そして前回と同じく、ミニオンだらけのベッドルームへ移動します。

 

ここでひとつハプニングが。

 

 

[rakuten:godiva:10001416:detail]

 

お茶を出して頂き、代金を支払おうとしたところ、セラピストさんから120分コースで宜しいですか?との確認が、予約では90分でしており、次のハシゴエステもあるが、時間が1時間ぐらい空いているので、どうするか一瞬考えましたが、エムズスイートさんは料金も比較的安いのと、セラピストさんも素敵な方なのでそのまま120分コース代金15,000円を支払います。

 

セラピストさんが支払い後シャワーの準備に行っている間に恒例行事の準備をし、準備が完了して呼びに来てくれる時に渡します。

 

その後シャワーへ、シャワー後神Pの確認は今回はあえてせず、薄暗い部屋に戻ります。

 

今回もマットレスタイプの高さのある施術スペースです、うつ伏せになりいよいよマッサージ開始です。

 

指圧は無し、オイルマッサージからとなります。

 

足からの施術となりますが、太ももで足をロックしながらのされると嬉しい定番の施術から、マットレスで高さがあるので、低かったら足の上にPTの感覚を味わいながらの施術だったのかもしれません。

 

移動してお尻・背中へ、カエル脚はその後になります。

 

 前のMさんのダイレクトアタックはありませんが、SKBの際に玉は自然な流れで触れてきますし、何度か”ツン”と深くやりすぎて当たってしまう事も。

 

続いて最近知りましたがマーメイドのような、脚を脚で擦り合わせる施術。

 

ムチムチのふくらはぎ太ももがこすれて、マッサージというよりかは癒しのリラクゼーション。

 

永遠とされていたいです(笑)

 

次は脚を少し開き、私に覆いかぶさるような格好になり、私のまたの間に膝が入り、股間を”ゴン”と、ももの内側の繊細な部分をすり合わせながらの”ゴン”果たして効果があるかどうかといえば、無いと思いますが新鮮で面白い施術です。

 

足裏の施術をしてもらった後に、仰向けになります。

 

 

セラピストさんの膝の上にタオルを敷き、そこに頭を乗せてデコルテ、お腹の施術。

 

おっぱいプレスで膝とおっぱいにサンドイッチされながら、脇腹付近のマッサージ。

 

普段ならくすぐったくてじっとしていられないのですが、今回はなぜか大丈夫でした。

 

膝上の楽しい時間も終わり、手のマッサージ。

 

終盤になり、再び私の足元に移動し、脚からSKBまで、SKBは確信には触れないものの、さまざまなバリエーションで、時折事故が起こりつつ時間を掛けてしてくれます。

 

施術中の虚ろな瞳が、とても愛おしく感じます。

 

セ)あんまりここってどうしたら良いかわからないんですよね。

 

こんなことを言われたら、大体の人はそこを指すんでしょうが、私はそれより横に寄り添って貰えないかお願い。

 

快くなのかわかりませんが、要望どおり隣に来てくれて、何がきっかけかわかりませんが、最初に思っていた願望は無事果たすことに成功しました^^

 

結果から言うと、SKRは無しでした。

 

ただ希望する方は出来たと思います、私の場合リピートを途中から決めていたので、今回よりも次回に繋げる方向で今回は辞めておきました。

 

 

 

感想

画像より実物の方が良いセラピストさんでした、特に薄暗い中のあの目線は反則です^^;

スタイルもよく、体系も好み、落ち着いた話口調でほぼ悪い所はありませんでした。

欲を言えば、もう少し責めてくる所は責めて来ても良いように思いましたが、マッサージ自体はスキルはある方なので、これからの進展に期待します。

 

★☆評価☆★(5段階評価)

ルックスレベル ★★★★★

スタイルレベル ★★★★★

カンヨウレベル ★★★★★

KWKWレベル ★★★★

ムフフレベル ★★★★

設備レベル ★★★

マッサージレベル ★★★